美輪明宏の名言・言葉

「美輪さんの言葉は、納得できるところがある」最近、そんな声をよくうかがいます。有難いことです。テレビや雑誌、講演会などの発言をお聴きになって、そう思ってくださるんでしょうか。また生きていくうえで大切なのは常識ではなく真理を信じること、いつの時代でも本物の愛情や美しさが必ず勝利すると信じているからでしょうか。(「天使からのことづて」)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

つき合ってる当時俺26歳、嫁34歳

年齢差知っててこっちから告白して付き合っていたが、
向こうはかなり気をつかっていた

冗談まじりにだけど、「他に好きな人が見つかったら別れてあげるからね」的な話をよくしていて、
年齢なんか関係ないだろと諭すのがいつものことだった
あんまり続くから、ああこいつは俺のことそんなに好きじゃないのかもしれない…
と思うこともあったりした



俺は仕事の帰りがいつも遅く、平日はほぼ会えなかったが、
彼女は一人暮らしの俺の心配をしてよく食事を作ってくれていて、
メモ帳に手紙を書いて残してくれていたんだが、
俺がそれを大事に取っていることを知ると「恥ずかしいから捨てる!」と捨てまくっていた

で、ある日、ふとごみ箱を見るとまたメモが捨てられていたようなので、
ちょっと拾い上げてみると、
それは俺が読んだことのない手紙だった。
手紙っていうか、嫁の独り言だった。
今日の煮付けもうまくできなかった、もっと母親の手伝いをしておくべきだった、などと反省したり、
○○(俺)も仕事がんばっているのだから、私もがんばる、と決意表明をしたり。
普段俺にはそういうことは言ってこなかったので、反省をしてるとも俺ががんばってるとか思ってるとも知らなかった。
で、本当はこんなこと思ってたのかーと驚いて読んでいたんだけど。
スポンサーサイト
[ 2012/07/19 02:46 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

愛のルール

私のことかまってよ、心配してよ。

気を使ってよ。

そんな女は、ヤツデの葉っぱに

水あめをつけたみたいにベターっと重いのです。


愛のルールの基本は、いかに相手に心配をかけないか。

愛し合っている相手だからといって、

土足で踏み込んではいけません。

けじめある関係の中でこそ愛は育つのです。


[ 2012/06/30 15:00 ] 愛のルール | TB(0) | CM(0)

愛は恋から始まります

愛は恋から始まります。

しかし、恋と違うのは、
ものごとすべてが自分本位から相手本位になれることです。

待ち合わせに相手が送れたら、
「何かあったのかしら」
「忙しいのに無理をさせて悪かったな」
と気遣う。

相手にほかに好きな人ができたと打ち明けられても、
カッとするし悲しいけれど
相手が幸せそうにしているのを見て身を引ける。

常に相手のことを思って行動できるのです。

だから、恋には裏切りがあっても、
愛には裏切りはないのです。

裏切りもまた許せるのですから。



よく「恋が続かない」という言い方を聞きます。

しかしこれは当たり前のことなのです。

なぜ人は、毎日何度もご飯を食べるのでしょう。
それは使い切っちゃうからでしょ。

その日働くために必要なエネルギーがなくなったら、
また入れなければならない。

生きていくためのガソリン。
それが恋の正体です。


そして食べたもののほとんどが、
ウンコやおしっこになって出る。

骨になり、血になり、
その人を維持していく栄養となって体内に残るほんのわずかなもの、
これが愛です。

恋は消えていくもの。
愛は残るもの。


いくら直観でビビビッときた恋も最初だけ。

セックスして一緒に暮らすようになれば、
やがてなくなってしまう。

しかし、愛はそこから始まるから、
恋愛という言葉は「恋」の次の「愛」がくるのです。

関連記事
[ 2012/06/30 14:56 ] 恋と愛の違い | TB(0) | CM(0)

恋と愛の違いとは?

「恋愛」という言葉があります。
見てわかるとおり、「恋」と「愛」が一緒になった言葉です。

恋も愛も同じだと思っている人は多いけど、
このふたるはまったく違うもの。

恋という文字が先にくるのにはわけがあります。


恋をすると、会いたい、寝たい、
相手を自分のものにしたいと思うでしょう。

その気持ちは好きになればなるほどエスカレートしていきます。

たとえば、相手が待ち合わせに遅れてくると
「私をこんなに待たせるなんてひどい!」
「なんて失礼なの」
と怒ります。

そして相手が現れると、
自分を待たせてことについて文句を言うのです。

相手に何かあったのではということには思いがめぐらず、
とにかく自分のプライドが傷つけられたことが許せない。

もしも相手が「ほかに好きな人ができた」なんて言い出したらもう大変です。
カーッと頭にきて、悔しい、チキショー、許せない!
ということになってしまいます。

なのに自分は相手のスープの吸い方が下品だとか、
靴下が臭いとか、そんな些細のことでスーッと気持ちが冷めてしまう。

つまり恋とは自分本位なものなのです。
自分の欲望を満足させるために相手が必要なだけなのです。


関連記事
[ 2012/06/30 13:42 ] 恋と愛の違い | TB(0) | CM(0)

魅力ある人は、真の教養人である - 美輪明宏

魅力ある人になるには、外見たはいしたことなくても、
得意客をゴマンと抱えて繁盛し、モテまくる人になればよいのです。

では、その方法は何かと言いますと、簡単です。
それは、知性、ユーモア、思いやりにあふれた明るく優しい人柄です。

けっして他人の悪口を言わない人です。
そういう人は、奥が深く、知れば、知るほど面白くて飽きるどころか
まずますのめり込んでいき、しまいには完全にハマってしまいます。

政治、経済、社会、音楽、演劇、舞踊、文学、美術、スポーツなどの
どんな話をしてもそこそこの知識や、
それに対する自分の意見をそれなりに持っている人です。


ただし、その意見や見識が偏ったもので、偏屈かつ頑固な場合は逆効果となり、
かえって人に嫌われ孤立するもとになります。


真の教養人とは、精神世界の知識や修行も自己のものにしている、
円満なる人柄をふくめていうのですから。

とにかく、その道々の専門家になって、それで食べていくわけではありませんから、
その一つ一つをそれほど深く極めるひつ余波ありませんが、
広くて浅くで結構ですから、この世のありとあらゆる事柄、
事象に興味をもって知覚しておくことです。


悪い言葉で言うのならば、「知識の八方美人になれ」ということです。

たとえば、音楽なら洋楽、邦楽、クラシックからポピュラーまでの
あらゆる種類のものを知っておけば、
FM放送のどのチャンネルを流していても退屈することはありませんし、
恋人といっしょのときのBGMも、彼または彼女の好みのものに
無理なく自然に合わせることができるのです。


そして、話題もあらゆるジャンルの芸術に対してふたりに興味や知識があれば、
その話や共通の趣味を実行したり楽しんだりできるのです。

デートの場所も、美術館、博物館、音楽会、劇場、スポーツランド、旅行・・・
と数え上げればキリがないほどレパートリーが広がります。

そうすればセックス以外はもぬけのカラという情けない2人でいなくてよいのです。

他の人が15度くらいの人生だけで終わるところを、
30度、45度、120度と、他人の倍にも3倍にも
人生の楽しみを膨らませることができるのです。



関連記事
プロフィール

美輪明宏

Author:美輪明宏
美輪明宏さんの大ファンです。美輪さんのメッセージを受け取って今日も美しく生きたいものです。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。